Canon(キャノン) EOS6Dのボディ買取価格

キャノンeos 6d

2012年11月30日発売のキャノンEOS 6Dは、有効画素数2020万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載しています。

フルサイズ機でありながら、APS-C機とほぼ同じ小型軽量ボディが最大の特徴と言えます。

EOS 6Dの買取価格は、9~10万円です。

Canon(キャノン) EOS6Dを高額で買い取ってもらうには

キャノンEOS 6Dを高額で買取をしてもらうためには、適切なカメラ買取業者を選ぶことが何よりも大事です。同じ機種でも、数万円の差が出るということはよくあることです。

では、なぜ業者によってEOS 6Dの買取価格に差が出るのでしょうか?

買取価格に差が出る大きな理由は、買取業者のコスト管理と販売経路の2つです。

私がお勧めするカメラ買取業者の「カメラデイズ」さんは、WEBに特化した買取を行っています。そのため、実店舗などを持っている業者に比べて、人件費やテナント代などのコストが削減できるのです。

また、カメラデイズさんは、買い取ったカメラを販売する独自のルートを築き上げているため、不良在庫を抱えることなく、高額で買い取ることができるのです。

Canon(キャノン) EOS6Dの性能

フルサイズ機は高価で重いという今までの常識を覆したのが2012年11月に発売されたキャノンEOS 6Dです。ボディの価格が16万円台という安価な価格だけでなく、大きさや重量がAPS-C機と同等ということで非常に注目を集めています。

操作系については、扱いやすさに定評のあるキャノンというだけのことはあります。クリエイティブオートというモードが追加されたことで、初心者にとっても撮影が簡単になりました。

GPS、WiFi機能を内蔵しているため、PCやスマホなどのデジタル機器との親和性も高いです。

このページの先頭へ