Nikon(ニコン)D7100のボディ買取価格

Nikon D7100 ニコンD7100ボディの買取価格:48,000円

2013年3月14日に発売されたD7100は、ローパスフィルターレスを採用した有効2410万画素のAPS-C CMOSセンサーを搭載しています。ファインダーが視野率100%ということもユーザーを驚かせた点でしょう。

D7100は、ニコンのロングセラー商品として、中級機(ミドルクラス機)を牽引している1台です。機能や性能、操作性が上位機と比べても遜色がないことから、中古市場でも非常に人気が高いです。

気になるのがニコンD7100の後継機の発売時期です。先代D7000の発売が2010年10月29日で、D7100の発売が2013年3月14日ですから、D7200の発売は2015年末から2016年初頭が予想されます。後継機が発売されると、中古市場での価値がかなり下がってしまうので、D7100を売るならば、後継機の発売前がお勧めです。

 

Nikon D7100を高値で売るためのポイント

D7100を高額で買い取ってもらうためには、以下の3つの点に注意して買取業者を選ぶことがポイントになります。

買取の最低価格保証

カメラの買取価格はどこでも一緒と思っていたら大間違いです。カメラの買取価格は業者ごとに大きく異なるというのが知る人ぞ知る常識です。しかも、人気機種であればあるほど、買取価格の差が大きくなります。

しかし、実際には複数ある買取業者の全ての買取価格を調べることは、手間を考えるとできません。そこで私がお勧めしているのは、買取価格の最低保証をしている所です。そのような宣言をしている会社であれば、まず間違いなく高額の査定額を提示してくれます

送料/手数料の負担

カメラを売ろうと考えている多くの方が気にしていないのが送料と手数料です。

送料は高いもので500円近くしますから、無視できない金額です。

また、手数料はほとんどの場合で査定料金ということになります。多くの業者では、実際に買取をしなかった場合でも、査定料や送料を皆さんから取ります。

しかし、カメラデイズさんでは、査定料と送料は無料です。その上、最終的に取引が成立しなかった(あなたが売るのをやめた)場合でも、一切手数料の請求はされません。

 

Nikon D7100の買取価格と減額理由

ニコンD7100の買取基準価格:48,000円

減額内容

  • 外箱の欠品:1,000円
  • 本体の傷と汚れ:2,500円
  • アクセサリーシューカバー BS-1の欠品:500円
  • アイピースキャップ DK-5の欠品:1,000円

上記4点の減額が行われ、合計5,000円の減額です。D7100の買取基準価格が48,000円ですから、5,000円を引いて、最終的なD7100の買取価格は43,000円となりました。

このページの先頭へ